前の記事 TOP 次の記事

2020年07月23日

子安時代

何か深い意味があるわけではないのですが、ちょっと古い写真をスキャンしたので、せっかくですからこちらでも。以前、画質の良くないバージョンのものを投稿したことがあるかも。

昭和20年代の当店です。
子安時代c.jpg
ちょこんと座っているのは少年時代の父です。
場所は現在と違い八王子の子安町。八日町で床屋をしていた祖父が本家と分かれて作った店で、なんと現在のサザンスカイタワーのあたりだそうで!

昭和30年代に国鉄の拡張工事で現在の明神町に移転するわけですが、現在の超一等地。
とはいうものの、当時の子安はかなり長閑だったそうで、父いわく、今のそれこそサザンスカイタワーが建っているあたりで野球ができるほど人も車も限られたそうです。

そもそも当家はそんなに豊かではないので子安の土地も自分のものではなかったようですしねw
ま、そう容易く成金にはなれないということです。僕ら職人は地道に働いてなんぼですな。
posted by アカくん at 18:49 | 東京 🌁 | 日記




Powered by Seesaa