ヘアーサロンFRの公式サイトです。
お店のお知らせやイタい店主の残念な戯言をご覧ください。


★店舗情報★
 詳細はこちらをクリック
●営業時間8:30〜19:00(カラー等の特殊コースは受付終了が早まります)
●定休日…毎週月曜・第1・3月火連休
毎月1日にその月の定休日をアップしております。
●ご予約・問い合わせ  п@042-643-0133
●住所…八王子市明神町2−15−2
京王八王子から徒歩5分 市立第四小学校の隣です。
●駐車場一台(事前にご連絡いただければ当店駐車場の確保可能)


2013年11月16日

アタマジラミの事(長文です)

※こちらの記事は2013年のものです。
新たに2017年に書いたものがございますので、下記リンクよりそちらもご参照ください。

↓ ↓ ↓
【アタマジラミについて2017】


このブログはいつもわけのわからんコピペやバカらしい画像貼ってばっかりでロクに仕事しとらんと思われそうなので、たまにはマジメに記事を書きましょう。
マジメと言っても私が書くのでマジメにならない恐れもありますが…


今回は以前も保健所の講習に時に少しふれた「シラミ」について。
一応、シラミ本体の画像も紹介するので、ネット風に【閲覧注意】と一応書いておきますね。


最近はアタマジラミが日本でも増えてきて、たまにメディアでも取り上げられる事があります。
シラミが見つかっても当事者の人達は隠してしまうことが多いので、意外と「ウチのまわりには関係ないしw」と思われがちですが、そうでもありません。
ウジャウジャいるとか、頻繁にシラミにやられてる人と出会うとか、正直言ってそういうレベルではないですが、思いのほか皆さんの近くにシラミはいます。

現に私が下積みをしていたヘアーショップ ディバージョンは同じ八王子市内のヘアサロンですが、最低でも年に一回はシラミ騒動の情報を聞いていました。

実際にシラミの相談を受けて、私自身がシラミを駆除したお客様もぶっちゃけ一人や二人ではありません。

今回は私のシラミとの実戦体験もふまえて、アタマジラミがどういうものか説明していきましょう。
※長文です。





そもそもアタマジラミにかかってしまった時の症状ですが、シラミに吸血されてとにかくひたすら頭皮がカユくなります。そして髪の毛にフケのような白いものが発生します(フケと違ってなかなかとれない)。そもそもシラミ自身が髪の毛にへばりついているのが肉眼でわかります。
「勝手に住み着いて、勝手に吸血するなんてとんでもないヤツだ!」と思いますよね。
図々しい奴です。ヒットアンドアウェイの蚊が意外と潔い奴に見えてきます。

せめて家賃払えっつうの😠


シラミというと不潔というイメージがありますが、私が駆除したお客様で不潔かそれに近い状態だった人は、一人もいません。皆さん清潔でした。


まず、アタマジラミ=不潔というイメージはやめてください。
重要なのでもう一度言います。
アタマジラミ=不潔というイメージはやめてください。

たとえばアタマジラミにかかった子供を不潔だとイジメたとします。
イジメてる方が清潔でも、イジメられた子がその気になればイジメてる側にシラミを移すことができます。
「あの子は不潔だ」と悪く言う性格の悪い親も同じです。

まわりにアタマジラミにかかった人がいてもイジメはやめましょう。


そもそもかつて壊滅に近い状態まで追いやったシラミが近年急増している原因として海外旅行から帰ってきた人が持ち込んでるのでは?という説があるそうです。
不潔どころか、むしろ海外旅行に行けちゃうブルジョアな人達が原因のひとつだと聞いたことがあります。



ここ何年も箱根より西に行ってない私がシラミ駆除を行っているというのはどういうことなんでしょうか。


いわゆる不潔だと発生するタイプのシラミと髪の毛にくっつくシラミは種類が違います。

アイドルグループのAKB48に森川彩香という女の子がいるそうですが(AKBのファンではないので名前しか知らないけど)、同じ森川の私は踊れませんし歌えません。しかし森川彩香さんは理容技術は持ってないはず。
例えがいまひとつかもしれませんが、同じ森川でも違うように、コロモジラミ、ケジラミとアタマジラミは違うのですよ。

なんとなく私と森川彩香さんよりはシラミ軍団の方が近い気がしますが…


閲覧注意かもしれませんが、ネットで画像検索していただければシラミごとに形が違うのがわかると思います。


せっかくですから、下積み時代に私が研究のために生け捕りにしたシラミの画像を紹介します。


081105_162011.JPG081105_161511.JPG081105_161311.JPG


タオルの方はピンボケで見づらいかと思いますが大きさの参考にはなるかと。テレビの画面に映っている方は生け捕りにしたものを店舗のマイクロスコープで出力したものです。
どうです?  吸血生物だけあってなかなか強そうでしょう?

まぁ床屋の方が強いですけどね。

545242c7.jpg


とにかく、清潔にしていてもアタマジラミはやってきます。
だいたい発生源は学校、幼稚園、保育園、学童、プールなど、子供達が生活する場所が多いです。
子供達は自分自身でシャンプーする際に不完全になりがちで、なんらかの原因でシラミが髪の毛についた場合にアタマジラミを駆除できず頭に残ってしまう事が多いそうです。
さらに、子供達は上記の場所で帽子や布製品などを子供同士で貸し借りしたり、集まって遊ぶときに髪の毛同士が触れあうことが多いため拡散してしまうということです。
小さいお子さんは家族と同じ布団で寝ることも多く、寝床で髪の毛が触れあったスキにシラミが大人に移る例も少なくありません。


シラミがtwitterやってたら頻繁に「【拡散希望】子供達で髪の毛触れ合わせたり帽子貸し借りして!」とかつぶやいているに違いない。

生活スタイルがガラリと変わる中学生あたりからシラミが激減するのはこの子供達特有の生活環境だとか。
そうは言っても大人にもシラミはかかりますので注意!
※現に私は大人のシラミ駆除も経験があります。




さて、実際にシラミにかかってしまったとして…

シラミにかかると奴らは髪の毛に卵を植え付けてきます。
なかなか図々しい奴です。
この卵がやっかいで、髪の毛に白い塊みたいなのをつけてくるんですが、髪についてるヘアーキャスト(フケみたいなもの)と見分けがつきづらいんですね。
マイクロスコープで見ると卵は筒状というか、まぁ見れば明らかにそれっぽいので見分けられます。
ですが、マイクロスコープがある家庭も珍しいので、一般的には爪で引っ掛けて簡単に取れるのがヘアーキャスト、引っかかってなかなか取れないのが卵と言われています。
シラミ本体は小さいですし思いのほか動きが機敏で、すぐ髪の毛の奥とかに隠れるので発見が意外と難しいことがあります。
シャンプー等でシラミ本体を撃退できても卵があればまた成虫が現れるので、シラミにかかったかどうかの判断は卵の有無で見分けると確実です。


アタマジラミの卵ですが、こいつは植え付けられてから約一週間強ぐらいで孵化し、もう約一週間強ぐらいで成虫として卵を植え付けてくるそうです。


放っておくとマジメな話で頭がシラミだらけになります。


主な一般的な対処方法としては、対シラミ用のシャンプー(および薬品)・シラミ駆除用のクシ・髪の毛ごと切る、の3パターンです。

もちろん髪を切ること以外で「床屋さんに相談」という必殺技もあります!

数年前にシラミの相談が急増したことがあり、理容師としての技術を応用したシラミ駆除(※後述します)を行った後、ご家庭でしっかりしたシャンプーの見直し(特に子供の場合は大人がしっかり洗ってあげる)というアドバイスと、スミスリンシャンプーというシラミ駆除用のシャンプーをすすめておりました。
その年は特にシラミの相談件数が多く、私が当時のオーナーからシラミ対策の研究を任されたこともあり、八王子の保健所とも連絡を取って駆除方法の相談をしました。
当時は保健所もスミスリンシャンプーの使用を推奨しておりました。

その後も保健所の職員さんと定期的に衛生関連についてお話しする機会があるので、先日もシラミについて話をしたのですが、保健所の調査ではここ何年かでシラミはスミスリンシャンプーに対する耐性をもった個体が現れ始めたそうで、スミスリンシャンプーが絶対的な効果は期待できないという事です。
またスミスリンシャンプーの欠点はある程度、長期間の継続した使用をしなければならないというデメリットもあります。

今年(2013年)で保健所の職員さんと情報交換致しましたが、現在の保健所が推奨している家庭でのシラミ対策としては、シラミを取る専用のクシでひたすら駆除するのと家庭での通常シャンプーをよりしっかり行うよう指導する、とのことでした。


そのシラミ駆除用のクシですが、八王子市の保健所でも貸し出しが行われています。
京王八王子駅とJR八王子駅の間あたりにあるあの保健所です。

当店でもシラミ駆除の施術を行った後は保健所への相談を推奨しています。


割とお医者さん(特に小児科)への相談を真っ先に行う方が多いそうですが、薬剤の都合などがあるそうで、医師が直接的に駆除を行うのは難しいそうです。
当時働いていた店舗では、懇意にしていた小児科のお医者さんと相談して、小児科(発見)→床屋(直接の駆除)→保健所(後始末)というシラミ撃滅の防衛線を組んでいました。


さて、後述すると書いた、当店で行うシラミの直接の駆除(ボウズにする以外の方法)についてご説明します。



基本的にシラミ本体は要は虫なので、しっかりシャンプーをすればある程度は洗い落とすことができます。
なんせクシで引っ掛けて落とすことができるような生き物ですから。
意外としがみついて抵抗するので100%落とすことは難しいですが、シャンプーをするとしないとでは全然違います。

問題は髪の毛に植え付けられた卵です。

こいつはシャンプーでは歯が立ちません。落とすことも殺すこともできません。
なんせシラミ駆除用のスミスリンシャンプーですら卵までは仕留められないのですから…orz

しかし、我々には薬剤を用いずとも卵の中のシラミを仕留める方法を知っています。


考えてみてください。


ゆで卵が孵化するでしょうか?



当店ではプロ用ヘアアイロンで細かく髪の毛に熱を与えて卵を焼き殺します!!
熱された髪の毛にはシャンプーを耐えた成虫も近寄れず、アイロンで焼け死にます!!

これは保健所からもお墨付きをもらい、下積み時代の店舗でも行って効果を発揮した方法です。


一応、残骸みたいなものは残ることもありますが、事実上死んでる卵のカスですので、そのうち落ちて消え去ります。



この処理をした後は、予防としてご家庭で改めてシャンプーの方法を見直してしっかりとしたシャンプーをご家族で心がけていけばアタマジラミのリスクは大きく下がります。



この他にも私が実際に生け捕りにして研究したアタマジラミの情報とかもあるのですが、皆さんの生活には直接影響しないような事なので、ここでの記述は割愛します。ちょっと気持ち悪い話もありますし、ご興味ある人は店頭で私まで直接たずねてください。
それらも含めてシラミへの質問・相談などありましたら是非ご気軽におたずね下さい。


以上で珍しく真面目に書いた記事を終えたいと思います。もう当分はお知らせ以外で真面目な記事は読めませんよ!

まぁ、この記事が100%真面目かと言われると疑問符が付きますが…ww
posted by アカくん at 17:10| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする